車売却は印鑑証明が無いとダメなの?

静岡の車買取口コミランキング

MENU

車売却の際に必要な書類を事前に準備しておくことで、売買契約もスムーズに行うことができ即日対応、即日現金とすることもできます。そこで車売却は印鑑証明書は絶対に必要なのか?気になる人もいるのではないでしょうか。

 

普通自動車と軽自動車の売却の場合では必要書類も違ってきます。ここではそれぞれ準備しておきたい書類を紹介していますので参考としてご覧下さいね!ちなみにそれ程急ぎでなければ、ディーラーや中古車買取業者側から必要とするものをリストアップしてくれますので不安になることはありません。

 

車売却に必要な書類とは?

 

普通自用車

 

  1. 自動車検査証
  2. 印鑑登録証明書(発行後1ヶ月以内のもの×2通)
  3. 自賠責保険証明書
  4. 自動車納税証明書
  5. 実印
  6. 振り込み口座
  7. リサイクル券(預託済みの場合)

 

軽自動車

 

  1. 自動車検査証
  2. 自賠責保険証明書
  3. 軽自動車納税証明書
  4. 印鑑(認印可)
  5. 振り込み口座
  6. リサイクル券(預託済みの場合)

 

また普通、軽に関わらず車検証に記載された住所と印鑑証明書の住所が違う場合には住民票が必要となります。

 

中古車買取店により作成できる書類

 

  • 委任状
  •  売却するクルマの名義変更手続きを買取店に任せるときに必要な書類で実印を押します。委任状の用紙はお店で用意してもらえます。

     

  • 譲渡証明書
  •  クルマを譲渡することを証明する書類で、委任状と同様に実印を押します。譲渡証明書はお店で用意してもらえます。

 

上記リストをみてもわかるように軽自動車売却では印鑑証明書は不必要としていますが、普通自動車においては各市区町村の役所へ行って印鑑証明書を交付してもらう必要があります。また昨今ではマイナンバカードによりコンビニのマルチコピー機でも取得できますので大変便利としています。(一部地域ではまだ利用できない場合もあります)