へこみ・キズがあると売れない?

静岡の車買取口コミランキング

MENU

へこみ・キズがあると自動車は売れない?

愛車を大事に乗り続け、常に洗車など十分に整備していてもキズやへこみ、サビなどは年月がたてばしょうがないとしています。そこで車売却を検討している方では、へこみ・キズがあれば売ることができないのか躊躇してしまう人もいるようです。目にみえる大きな損傷ではさすがにマイナスとなることも予想されます。

 

しかし実際に車買取業者にしてみれば、小さなキズやヘコミは査定に大きな影響を与えないのが一般的とし想定内としているところが大半としています。

 

車買取業者のへこみ・キズに対する口コミ

 

  • 小さなキズやへこみはマイナスとならないことが一般的
  • 修理にかかる費用を買取価格から減額
  • 自己流の修理ではかえってマイナスとなることも
  • 消えるキズならばマイナス査定にならない

 

キズの大きさ、深さ、場所、塗料の質によって修理費用は異なり、マイナス幅が大きくなることも小さい場合もあるようです。

修理を出してから車買取査定は常識?

 

車を乗り続けていくと必ずしも小さなキズがつくことは致し方ありません。そしていつの間にかへこみとしていることもまたサビてしまうこともあります。そこで車売却に向けて、高価買取を期待するなら綺麗な状態とするのが望ましいとしています。そこで買取査定をする前にへこみやキズは修理しておいたほうが良いのか気になる人も多いのではないでしょうか。

 

率直に言ってしまえば車売却の際のへこみ・キズの修理は不要とし、逆に損をしてしまうことも考えられます。車の査定は車種(グレード)、年式でおよそ価格が決まっており、その他走行距離やボディカラー、傷・へこみなどのボディ状態、エンジン、事故歴・修復歴、オプション装備、車検の残りなどにより決定されます。

 

そこで車のへこみやキズをプロに任せたとして、キレイになっても、修理代以上に買取額がアップすることはないとしています。また自己流で修理してしまうことで、完璧でないためかえって目立ってしまったりすることもあります。そして上手く騙そうとしても、プロの目はごまかせませんのでかえってマイナスとなることもあります。

 

中古車買取業者において口を揃えて言われるのが、自分で判断するのではなくまずはプロの査定スタッフに見せることが大事としているようです。車売却はへこみ・キズがあっても売れないということはありませんので、まずは複数社により査定依頼して比較することをおすすめします。人気の車種であれば多少のキズ、へこみも高価買取が期待できるとしています。