走行距離と売却金額の関係性

静岡の車買取口コミランキング

MENU

走行距離と車売却金額の関係性

車の乗り換え時期として愛車を売却する方や車好きな人では、様々な車種に乗りたいとして数年の乗車で買い替えする人もいます。そこで中古買取店やディーラーに売却する際、走行距離によって高価査定となるのか気になるところでもあります。

 

最も査定の基準となるのが年式、走行距離としてそれによって売却金額に大きな影響としているのが一般的としています。そこで同じ年式であっても走行距離が標準より長ければ減点とし、短ければ加点となることもあります。また新しい年式の車であっても走行距離がかなりあれば、マイナス点となることもあり、古い年式であっても走行距離が短ければプラス点となることもあります。

 

それらはJAAI(日本自動車査定協会)により、年式と走行距離によっていくら加点・減点するかの基準を定めており、車種が該当するクラス(特C・Ⅰ・軽など)によって点数で細かく設定されています。売却する際には年式はもちろんですが、走行距離においても重視され高値買取とするのか安値となるのか影響してしまいます。

 

走行距離の目安がある?

 

日本自動車査定協会に定められた基準では、走行距離のおよその目安は年間1万kmとしており買取業者においても同様に参考としているところが一般的としています。ですので5年おちで5万kmであれば標準で±0としそれ以上であればマイナスポイントとなります。そして5万kmを目安とし、それ以上の走行距離としている車は多走行車、10万kmを超えると過走行車とも呼ばれています。

 

乗り続けることで様々な部品が消耗されてしまいますので、走行距離と売却金額の関連性は大きいとしています。長距離を走ることで車の寿命も短くなることが考えられますので、それだけ査定ポイントもマイナスとなることが言えます。

 

そのため10万kmを超えている場合ではディーラーの下取りにおいては、値がつかない場合もありついても安値となります。そこで少しでも高く売却したいのであれば、海外への販売ルートがある中古車買取店において売却することをおすすめします。日本車は海外では人気とし、どんな過走行車であっても売れますので場合によっては高価買取も期待できるとしています。

 

20万km以上でも十分走行可能!

 

日本の車は性能が良いことでも評判としており、日々進化していますので昨今では20,30万kmとしても走行することも可能としています。そのためには日頃のメンテナンスは大事で、タイミングベルトなど後の車の状態にも影響しますので10万kmを目安に交感が必要となります。

 

最終的に売却するときには値がつかないことも考えられますが、廃車買取としていくらかプラスとすることもできます。それにはやはりディーラーではなく、それぞれのパーツや鉄として貴重な資源としている海外への輸出としている中古車買取業者に依頼することをおすすめします。